予防歯科について

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから行う治療ではなく、そうなる前の“予防”を大切にする歯科医療のことです。
歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでのプロケア(PMTCやPCTC)と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づく毎日のセルフケアの両輪が揃ってこそ、予防歯科は実践出来ます。そのためには、まず歯科医院での定期的な健診が大切になります。
「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方も、まだ少なくないでしょう。
もちろん歯の痛み、症状があるところを治療するのは大切ですが、虫歯や歯周病が進行してしまってから治療を受けると、どうしても時間や費用が多くかかります。悪くなる前に予防出来れば、余計な時間や費用をかけずに済みます。
そして、お口の中を健康な状態に保つためには、定期的なメンテナンスがとても大切です。「しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と考える方が少なくないようですが、歯磨きだけでは取り切れない汚れがあり、汚れが溜まると、歯垢や歯石が付着し始め、虫歯や歯周病のきっかけになってしまいます。そのため、定期的なメンテナンスを含めた“予防”を行うことが、とにかく大切なのです。
ここで、歯を失ってしまう原因の9割以上が、虫歯と歯周病であることを知っておいてください。虫歯も歯周病も初期には自覚症状の無いことが多いので、歯に穴が開いた、痛い、グラグラするなどの自覚症状に気付いてからご来院なさった場合、かなり進行した状態であることが多く、したがって歯を残すことも難しくなりがちです。
定期的なメンテナンスを含めた予防を行って健康な歯を維持し、疾患の進行を抑えることがとても重要です。
そして、今後の歯科治療は、虫歯や歯周病などを治療するだけでなく、いかにお口の中の健康な状態を長く維持するかが非常に重要なことと考えられています。それが予防歯科の考え方の基本なのです。
当クリニックは、この予防歯科に力を入れています。

歯は一生にわたる大切な財産ですから、患者様の歯を1本でも2本でも多く残すようにご支援いたします。

当院での予防歯科

当院では、患者様お一人お一人の口腔内の状態に合わせて、メンテナンスの方法や定期検診の時期についてご指導いたしております。

具体的な内容は、以下の通りです。

  • 虫歯と歯周病のチェック
  • フッ素塗布
  • 日々のブラッシング指導
  • 入れ歯やインプラント、およびその周囲に異常が無いかをチェック
  • お子様の場合は、歯並びや歯の入れ替わりの状態をチェック
  • 定期的なプロケア(PMTCやPCTC)で虫歯や歯周病を予防

虫歯や歯周病予防に効果的なPMTCとPCTCとは?

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の掃除」という意味になります。
歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。

PCTC

プロフェッショナル・ケミカル・トゥース・クリーニング(Professional Chemical Tooth Cleaning)の略で、歯や歯茎を健康に保つための薬やフッ素添加歯磨剤、ホワイトニング効果の高い歯磨剤など、患者様のお口の状態に合わせたものを使ってお口の環境を整え、クリーニング効果を高める方法です。お口の健康を維持するには、ご自宅でのケア、そして定期検診と予防、PMTCおよびPCTCが大切になります。


PMTC、PCTCで得られる効果

  • 虫歯予防:お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。
  • 歯周病の改善:お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
  • 口臭予防:お口の中にいる菌を減少させ、口臭を防ぎます。
  • 歯質の強化:フッ素入りの研磨ペーストを用いることで、歯の再石灰化(エナメル質が修復される現象)を促進し、歯質を強化します。
  • 審美性の向上:歯の着色を除去し、表面の光沢を回復します。
  • お口の中がスッキリして爽快感が得られます。

口腔ケアには、日々のお手入れが大切です

毎日欠かさず、歯磨きできていますか? きちんと磨けていますか?
一見では綺麗に磨けたと思っていても、汚れが落ちていないということがほとんどです。
小学校のブラッシング指導などにて活用しております、染め出し剤(歯石が残っているところが赤くなる)を使用すると、お口の中が真っ赤になり、ほとんど磨けていないということが大人の方でもよくあります。
いつまでも健康な歯を大切にするためにも、きちんとしたブラッシング方法を学び、いつまでも健康な歯をめざしましょう。
野村歯科医院では、ひとりひとりの歯並びや、お口の中の状態に合わせてブラッシング法の指導を行っております。

主なブラッシング法

スクラッピング法 歯に対して直角にあて、小刻みに磨く方法
一か所20~30回ほど行います。
バス法 歯と歯肉の境目にブラシを45度の角度であて、歯周ポケットにブラシの先を入れてやさしくふるわせます。
歯肉マッサージ効果があり、歯周病予防に効果的な磨き方です。
ローリング法 歯ブラシの側面を歯肉が白くなるくらいに圧迫して、縦方向に回転させて、書き出すように磨きます。
フォーンズ法 上下の歯を軽く噛み合わせた状態で、歯ブラシを直角にあてて、円を描くように奥から手前へ上下の歯を一緒に磨く方法です。

※上記は主なブラッシング法です。上記以外にもブラッシング法は各種ございます。



歯ブラシは固い方がいい?やわらかいほうがいい?

歯ブラシは固い方がいいか、やわらかい方がいいか、普通がいいのか、よく悩まれる方も多いと思います
。 硬い歯ブラシでゴシゴシ擦ると、歯ぐきを痛めたり、エナメル質を傷つける原因となりますので注意が必要です。
歯ぐきが弱っている方や、口内に出血がみられる方はやわらかい歯プラシ、それ以外の方は、ふつうの硬さをお勧めいたします。


クリニック概要

読み込み中…

前橋市の歯医者野村歯科医院

〒371-0016 群馬県前橋市城東町1-29-8
(前橋市立城東小学校入口 五差路)

TEL:027-231-5180

最寄駅:上毛線 中央前橋駅より徒歩6分
    両毛線 前橋駅より車で8分

駐車場:15台分あり

診療時間 日・祝
9:00~12:00
13:30~18:00

休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後


24時間ネット予約