口腔外科について

口腔外科とは、お口の中、顎(あご)、顔面などに現れる先天性および後天性の病気を診断、治療する診療科です。
当院の口腔外科では、親知らずや埋伏歯(まいふくし)の抜歯、顎関節症(がくかんせつしょう)、事故による外傷など、お口トラブルを治療します。
重度の場合は専門医をご案内いたします。

歯は一生にわたる大切な財産ですから、患者様の歯を1本でも2本でも多く残すようにご支援いたします。

以下のような場合はご相談ください。

歯の奥が痛い、歯ぐきが腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えてこないと(埋伏歯)、それが原因となって歯ぐきに炎症が起こったりします。
また、虫歯や歯周病が原因で歯ぐきに膿が溜まり、腫れてくることがあります。

お口の中のできもの、水ぶくれ

お口や舌などには、腫瘍や水ぶくれのようなできもの(嚢胞:のうほう)が生じることがあります。

口や顎の外傷

交通事故やアクシデントなどで、顎骨(がっこつ)が骨折した場合や歯が欠けてしまった場合、また口の中の切り傷なども口腔外科の対象となります。

親知らずの抜歯

普通に生えていて、普通に噛めている親知らずなら、無理に抜く必要はありません。ただし、親知らずは適切な位置に生えてくることがあまりなく、横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。そのため腫れをきたしたり、メンテナンスがしにくかったりすることから、隣の歯までが虫歯になることも少なくなく、何かとトラブルの原因になりがちです。そのような親知らずは、抜いてしまったほうが得策と考えます。
親知らずが気になったら、まずはお気軽にご相談ください。

埋伏歯の抜歯

埋伏歯とは、骨または粘膜の中に埋もれて、出てこない歯のことです。
埋伏歯は、その埋伏の状態によって「完全埋伏歯」(骨の中に完全に埋まっている)、「不完全埋伏歯」(歯の一部分が見えている)、「水平埋伏歯」(親知らずが真横を向いて埋まっている)の三種類に分けられます。
こうした埋伏歯の原因の多くは、歯が生え出すスペースが足りないことです。
埋伏歯があると、歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、嚢胞の原因になったりします。また、親知らずが不完全埋伏歯の場合には、親知らず周囲の歯ぐきが炎症を起こすケース(智歯周囲炎)がよく見られます。
埋伏歯がある場合には、問題が無ければそのままにすることもあります。
親知らずが埋伏している場合には、抜歯となることが多く、その際には骨を削る簡単な手術が必要になるケースもあります。

顎関節症

顎関節症は、顎(あご)を動かした時に痛みが走ったり、口を開けたり閉じたりした時に関節部がポキッと鳴る、などの症状が見られる症候群で、20~30代の若い女性に多く見られます。

顎関節症の症状と原因

主に以下のような症状が現れます。

  • 顎が痛む
  • 口を大きく開けられない
  • 顎を動かすと音が鳴る
  • 噛み合わせに違和感が伴う
  • 口を完全に閉じられない

――以上のほかにも、顎の周辺だけでなく、首や肩、腰をはじめ全身のいろいろな部分に多様な症状が現れることがあります(逆に、顎の周辺に異常があるからと言っても顎関節症とは限りません)。
原因としては、食いしばり、歯ぎしり、外傷、精神的ストレス、左右いずれか片側の口ばかりで噛む習慣などのほか、さまざまな要因が絡み合っていると考えられ、原因もタイプもさまざまです。

お口のケガ

何かにぶつけて口をケガしてしまった時は、早めにご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合は、そこから病原微生物に感染する恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が抜けてしまったような場合や、グラついていた歯が抜けてしまったような場合もすぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けてしまった歯は、軽く水洗いして(決して根元を強くこすらないようにしてください)、ご来院までの間、何らかの容器に牛乳を注ぎ、抜けた歯をその中に入れてご持参ください。

ドライマウス(口腔内乾燥症)について

ドライマウスは、唾液が出にくくなることで口の中が乾いてしまう状態を言います。
唾液の働きの一つとなる口腔内の免疫力が低下することで、虫歯や歯周病、舌の炎症や口内炎、味覚障害、口臭の悪化、風邪をひきやすくなることがあります。

ドライマウスの自覚症状としましては以下があげられます。

  • 口や喉がかわいて感じる
  • 口が乾いて話しにくい
  • 口の中がネバネバする
  • 水分量の少ないパンなどの乾物が食べ辛い
  • 口臭が気になるといったものがあります

ドライマウスである。ドライマウスかどうか気になる方は、虫歯や歯周病が進行する前に歯科医院にご相談ください。

ドライマウスの原因と対処法

主な原因は、「老化」、「薬の副作用」、「嚙む力の低下」の3つであると言われております。その他にも、糖尿病、腎臓疾患、ストレス的な要因などがあげられます。

対策法としては原因により違いがありますが、以下のようなものがあります。

  • お酒・煙草・カフェインを適量に抑える
  • 水分を多く摂取
  • ストレス解消
  • よく噛んで食べる
  • 朝食を食べる
  • 室内を乾燥させない
  • 唾液腺のマッサージ
  • 口呼吸から鼻呼吸に変えるトレーニング
  • マスクを着用
  • お薬の見直し
  • 原因となる疾患治療

歯ぎしりに悩んでませんか?

歯ぎしりを繰り返していると、歯を傷つける原因となります。
歯が傷つくと、エナメル質や象牙質(ぞうげしつ)が削れるため、咬耗症(こうもうしょう)となる場合があります。象牙質が欠損すると、歯が褐色となり、くぼみができることで、虫歯に近い状態となります。また冷たい飲み物や食べ物が歯に沁みる知覚過敏も引き起こします。
歯ぎしりは主に、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを就寝時に装着することで歯ぎしりを予防していきます。また咬耗により歯が尖ってしまった場合は、少し研磨し丸くしていきます。

クリニック概要

読み込み中…

前橋市の歯医者野村歯科医院

〒371-0016 群馬県前橋市城東町1-29-8
(前橋市立城東小学校入口 五差路)

TEL:027-231-5180

最寄駅:上毛線 中央前橋駅より徒歩6分
    両毛線 前橋駅より車で8分

駐車場:15台分あり

診療時間 日・祝
9:00~12:00
13:30~18:00

休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後


24時間ネット予約