入れ歯・義歯について

「よく噛めない」「話がしにくい」「食事のときに入れ歯が痛くて、よく噛めない」「食事の味が変わって、おいしく食べられない」「食事や会話の途中に入れ歯が落ちる」「舌や頬の内側をよく噛んでしまう」などのお悩みを解消するため、痛くなく、しかもしっかり噛める入れ歯の製作・調整を行っています。
合わない入れ歯を使い続けていると、食事を楽しめないばかりか、全身の不調に繋がってしまうケースもありますので、入れ歯が気になったら、ぜひご相談ください。


合わない入れ歯が原因となる主な全身症状

  • 頭痛、肩こり、首の痛み、背中の痛み、腰痛などが生じる
  • 集中力が低下する
  • 気分が落ち込んだり、精神的に不安定になったりする
  • 胃の痛み、胃もたれ、便秘をきたす
  • 吐き気を起こしたり、食欲が減退したりする
  • 免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなる

――など、さまざまです。
製作直後は問題無く使えていた入れ歯も、長期にわたる使用により、ズレたり合わなくなってきたりします。放っておくと、咬み合わせが乱れて、食べものを噛みづらくなったり、顎の関節に影響が出て痛みが生じたりすることも少なくありません。
口の中の状態は、絶えず変化しています。違和感が痛みに移り変わる前に、入れ歯が気になる方は、早めにご相談ください。

保険適用の入れ歯

保険を使った入れ歯には、材質やデザインに制限がありますが、「噛む」という入れ歯の基本的な機能に遜色はありません。総入れ歯の場合、基本的には全てプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりしますが、修理がしやすいといったメリットもあります。

入れ歯の種類

金属床義歯

床の部分が、金属で出来た入れ歯です。薄くつくれるため発音がしやすく、違和感も少なくて済みます。また冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことが出来ます。体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。ただ、修理が難しい上、保険適用でないため、製作費用は高めになります。金属床には、ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床などがあります。


ノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)

義歯の引っ掛けが、口腔内と同じ色で出来ているため、見た目が自然で、装着していても目立たず、違和感の少ないのが特徴です。また食べ物が挟まりにくく、残っている歯に負担をかける心配もありません。金属が使われていないため、アレルギーの方にも安心です。しかし反面、耐久性が低く、長く使うのには不向きです。


クリニック概要

読み込み中…

前橋市の歯医者野村歯科医院

〒371-0016 群馬県前橋市城東町1-29-8
(前橋市立城東小学校入口 五差路)

TEL:027-231-5180

最寄駅:上毛線 中央前橋駅より徒歩6分
    両毛線 前橋駅より車で8分

駐車場:15台分あり

診療時間 日・祝
9:00~12:00
13:30~18:00

休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後


24時間ネット予約